介護事業における売上管理

subpage01

介護事業においていちばん大変な部分としては小さな事業所でも残らず、売上管理しなくてはいけないということです。

請求先が国に請求する分と、お客に請求する分があることは一般の医療施設と変わりはないのですが、訪問介護やデイサービスなどの報酬を小口現金で回収することとそれぞれを記録することが必要なんですが、そのための手間を省くために原則口座振替なんですが、他は口座振り込みにでもして現金を扱飼わなくても済むようにして銀行に任せてしまうことが売上管理する上で求めらています。現金であってもすぐに銀行に振り込むことで、収支の事故が防げます。

T-SITEに関するお役立ち情報コーナーです。

サービスには会計区分といわれる部門別損益計算と似ています。そのため部門を設定せず利益だけを計算していくと再度介護保険用に会計データを加工をしなくてはならなくなります。



そのようなことを行うことは時間の無駄となって内容そのものもお粗末な物になってしまいます。



そう言った複雑な売上管理に対してのフランチャイズ加盟の必要もない安価なパックでサポートしてくれたり、会社設立にとか、スタッフのサーボートなども請け負ってくれる会社もありますので利用してみることもおすすめします。
経営したい人、すでに経営している人でも相談してみてはどうでしょう。高齢化社会の進むこれからの時代にはとってなくてはならないたいせつな事業としてますますの期待される経営になりますよので見つめて行きたいものです。